カテゴリ: 東京短信

『ひがしおかやま囲碁サロン』の取材が無事終わりました。「お礼に一席設けましょう」と佐田紀真さんを誘うと、「ここは岡山ですから」と、駅近くの“福寿司”に連れて行かれました。佐田さん、佐田篤史四段(関西棋院)のお父さんです。福寿司あとに付いて暖簾をくぐると、 ...

「来週の金曜日、熱海ニューフジヤホテルで合宿しますよ」と、幹事の阿萬さん。「3時チェック・インだけど、11階で、昼から打ちます」新宿囲碁センター滝沢教室の囲碁合宿です。金曜日、12時半、熱海のひとつ先の来宮駅で降りました。快晴すぎて、日差しが強く、暑い。 ...

森野節男・関西棋院九段です。東日本ではあまり知られていませんが、視覚障害者囲碁では有名な先生です。囲碁普及に、桁違いに熱心です。視覚障害者への囲碁普及活動は、大阪を中心に35年にも及びます。盲学校への普及は、大阪以外の他府県にも広がっています。盲学校の場 ...

日本福祉囲碁協会のボランティア棋士・副島彩夏さんを、簡単にご紹介します。昨年8月、高校1年生の少女が、会員になりたいと申し出てきました。福祉囲碁協会、30数年の歴史の中ではじめての出来事です。「いや~、驚きましたね~」と、佐野利昭・日本福祉囲碁協会々長。 ...

子供たちが真剣に碁を打っています。視覚障害の子たちです。今年で7回目になる視覚障害者囲碁大会が6月23日、渋谷区リフレッシュ氷川で開催されました。主催は日本点字図書館、日本福祉囲碁協会。出場選手は、東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県等から参加した51名の視 ...

↑このページのトップヘ