第11回鎌倉子供囲碁大会が去る2月17日(日)、鎌倉市材木座の光明寺で開催され、
鎌倉市、藤沢市、三浦市、横浜市、横須賀市などから、幼稚園児から中学生までの約150名が参加しました。
[82]1-111
本堂にて、木村憲司氏(審判長)が挨拶をしている 画像:鎌倉囲碁倶楽部

大殿(本堂)での開会式の後、
競技は、開山堂と書院に、5つのグループに別れて行われました。
開山堂はA~Cリーグ、書院はD~Eリーグ。
A~Cリーグは鎌倉市長杯争奪戦も兼ねています。

この大会は、八段格の高段者も参加する公式大会で、神奈川県では有数の子供囲碁大会です。

主催は、同大会実行委員会(近藤奎五委員長)。
後援は、鎌倉市、鎌倉ペンクラブ。
[82]2-111
開山堂にて、A~Cリーグの対局風景 画像:鎌倉囲碁倶楽部
[82]3-111
書院にて、D~Eリーグの対局風景 画像:鎌倉囲碁倶楽部
[82]4-111
表彰式 A~Cリーグ 画像:鎌倉囲碁倶楽部
[82]5-111
表彰式 Dリーグ 画像:鎌倉囲碁倶楽部


この大会がユニークなのは、『お寺で開催』されること――
[82]6-111
光明寺 参加者全員 画像:鎌倉囲碁倶楽部

光明寺は、広い敷地に大きな建物を持つ、鎌倉四大寺のひとつ。
お寺で定期的に子供囲碁大会を催すのは、日本ではこの大会だけでしょう。
鎌倉ならではの囲碁大会です。

――子供たちは、鎌倉時代のお寺で囲碁を打ったことを、大人になったいつの日か思い出し、日本文化の良さを改めて想うでしょう


もう一つユニークなのは、『普通の子供教室と囲碁クラブ』が主催していること――
[82]9-111
左から、近藤奎五氏と木村憲司氏

西鎌倉自治会館で子供囲碁教室を開いている、近藤奎五さんと、
鎌倉駅前の鎌倉囲碁倶楽部で席主をしている、木村憲司さんが、
14、5年ほど前、互いの子供教室の交流試合を開きました。

2009年、それまで鎌倉市内に子供だけの囲碁大会が無かったため、交流試合を市内大会に発展させる形で、
鎌倉市の後援を受け、第1回鎌倉子供囲碁大会を開きました。

第3回大会からは、木村さんと円覚寺住職が知り合いだった縁で、円覚寺、妙本寺、光明寺と鎌倉市内のお寺で開催させて頂いています。

普通の子供教室と碁会所が、40名程だった交流試合を、県大会レベルの大会にまで発展させました。

――関係者のご苦労、今も大変だと思います


来賓には、
鎌倉ペンクラブ、日本棋院神奈川県本部、神奈川県囲碁連盟、三浦市囲碁連盟、栄区囲碁普及会、日本棋院横浜栄支部、湘南台囲碁教室の代表、副代表らが参席しました。

入賞者
Aリーグ
優勝        星野叶人(ほしの かなと) 浜岳中1年
準優勝     森川尚琢(もりかわ なおたか) 橘中3年
Bリーグ
優勝        石川遥菜(いしかわ はるな) 西本郷中2年
準優勝     友江駿介(ともえ しゅんすけ) 第1小6年
Cリーグ
優勝        和泉琢磨(いずみ たくま) 秋葉中1年
準優勝       森隆司(もり たかし) 付属鎌倉中1年
Dリーグ
全勝    田畑柚子(たばた ゆず) 七里ヶ浜小2年
Eリーグ   
      表彰なし


西鎌倉子供囲碁教室
鎌倉市西鎌倉4-15-16 西鎌倉自治会館
0467-31―7538

鎌倉囲碁倶楽部
鎌倉市小町1-6-19 アラビル3F
0467-25-6065