夏休み期間、囲碁サマースクールを開校いている碁会所をご紹介します。
東急東横線・綱島駅から徒歩1分の、横浜囲碁サロン。
[51]1_2786
横浜囲碁サロンのカブトムシ

夫婦共稼ぎが多いご時世、夏休みの間、幼い子供をどうするのでしょう? 心配です。

学童保育のように、半日または終日、お子さんの面倒を看てくれる所があれば、親御さんは安心でしょう。
[51]2_2698
藤森稔樹席亭(写真右)

藤森稔樹氏談
「私の娘も3歳になりまして、昼間だけでも、どこかで預かってくれる所があれば助かるなと、それでサマースクールを思いつきました」

カリキュラムは――
 9:00~10:00 自由時間(夏休みの宿題を終わらせましょう)
10:00~11:00 囲碁の時間(対局、指導碁)
11:00~12:00 囲碁の時間(手筋、死活のプリント問題)
12:00~13:00 お昼休憩(持参  or  一食500円で用意します)
13:00~14:00 自由時間(宿題、対局、棋譜並べなど)
14:00~16:00 綱島公園にて外遊び(おやつを用意します)
16:00~17:00 囲碁の時間(対局、指導碁)
17:00~      延長オプションあり
午前中だけのスポット利用もあり

お伺いしたのは、夏休み初めの7月25日(水)。
朝、9時過ぎ――
まず、子供たちの宿題を解いている姿を撮りたかったのですが、誰も宿題を持ってきていません。

「ラジオ体操に行って、疲れちゃった~」
「あ、僕も行ったよ」
「僕だって行ったよ~」

初めの1時間は自由時間なのに、子供たち、テーブルに用意されているプリント用紙の問題を解き始めます。

以下、サマースクールの写真と、――
[51]3_2296
[51]4_2389
[51]5_2402
[51]6_2431
[51]7_2454
[51]8_2377
[51]9_2566
[51]10_2547
[51]11_2644
「おやつ、グミにするよ~ ジュースは?」
「ぼく、リンゴジュース」
「ぼく、オレンジジュース」
[51]12_2650
[51]13_2674
[51]14_2682
「先生、この石、活きたら?」
「負けました」
「え? 先生、投了?」
[51]17_2771
[51]18_2777
[51]19_2840
「お風呂、一人で入れるよ」
「本当?」
「うん、でも、お母さんが勝手に付いて入ってくるんだ」
[51]15_2487
[51]20_2847
[51]22med
[51]24_2512
午後になると、小熊お兄さん、内野お姉さんがお手伝いに入ります。

子供たちが、素直に囲碁を楽しんでいる姿を見ていて、見ているこちらも楽しい取材でした。

横浜囲碁サロン
横浜市港北区綱島西1-7-11 みなみビル3F
045-542-8915