ジャンボ大会の後のJR市ヶ谷駅周辺は、飲み会に向かう各チームの選手たちが群れています。新宿囲碁センターの選手も、三々五々、寿司居酒屋に集まってきます。高成謙さん(左)と林むつみさん遅れてきた樋口奈緒子さんが、大きな紙袋を置きながら、「新宿囲碁センター、3位 ...

今年のジャンボ大会(月組)は、2月の第1土曜日に開かれました。久しぶりに新宿囲碁センターを応援するため、市ヶ谷の日本棋院に向かいます。日本棋院東京本院1チーム15人編成で、4試合、計60局を打ちます。オーダー表を見ると、33チーム、495選手の出場です。 ...

すみれちゃん、韓国でもすごい人気です。韓国プロ棋士の間では、すでに英才として有名でしたが、「英才特別採用」でプロ初段に内定したことで、韓国人の間でも話題になっています。韓鐘振(ハン・ジョンジン)九段(左)と、すみれちゃん 画像:囲碁日報仲邑菫(なかむら す ...

水間俊文七段による、新春棋聖戦解説会がありました。1月6日(日曜日)、場所は、東急東横線綱島駅から徒歩1分の『横浜囲碁サロン』(旧綱島囲碁センター)。東急東横線 綱島駅棋聖戦解説会は、日本棋院と読売新聞社による囲碁普及事業のひとつ。一時休止していましたが ...

楽しい囲碁教室でした。初級者から中級者向けの、指導碁教室です。何度でも質問でき、その都度丁寧に答えてくれます。吉森弘太朗さんこの指導碁の特徴は――・生徒さんが、一手々々質問できること。・質問がなくても、生徒さんの一手ずつに声をかけること。・講師が、いつも ...

古都・鎌倉。この狭い地域が、源頼朝が幕府を開き、政治、軍事、文化の日本の中心地になったというのは、今も驚くばかりです。物語的には義経や、弁慶、静御前のためか、圧倒的に女性の観光客が多いようです。鎌倉・鶴岡八幡宮鎌倉・由比ガ浜鎌倉駅前ロータリー赤い鳥居の左 ...

アマチュア女流棋士だけの国際棋戦、『国際囲碁春香 選抜大会』。この棋戦の特色は、本戦出場選手全員が、チマ・チョゴリを身に着けてリーグ戦に挑むこと。本稿は、2017年度“国際春香選抜”の抜粋写真集です。大沢摩耶選手(左)と藤原彰子選手 画像:サイバーORO春香 ...

初心者のご夫婦が、いっしょに囲碁を習っています。有段者の旦那さんが、初心者の奥さんに囲碁を教えると、ほぼ100%失敗しますが、初心者同士のご夫婦の場合は、長続きするようです。百田ゆう子さん去年、仕事をリタイアした百田秀実さん、“何かしなければ・・・”と思 ...

12月中旬、日本福祉囲碁協会、“東京東地区”の忘年会にお邪魔させていただきました。会場は、渋谷の協会事務所近くの居酒屋。例会の後、東地区40数名のボランティア棋士のうち、15、6人が参加されていました。福祉活動をしている年寄りの忘年会も、とても楽しいです ...

――驚きました碁を憶えて1年、7歳の幼稚園児、とても強くて信じられません。9子局です。画像:サイバーORO ライブで対局中の、趙涓祐(チョ・ヨヌ)初段対局場はインターネットサイト、“サイバーORO”の『プロ・ヨヌの囲碁チャレンジ』。生放送です。ネットで対 ...

碁会所の帰り、三人のおじさんがJR溝ノ口の居酒屋で呑んでいます――野球ファンのYさん、サッカーファンのKさん、そしてSさん。「読売ファンのYさん、優勝から遠ざかっていて、寂しいでしょう~」「新監督と強力な選手補強をしたから、来年は優勝だよ!」「川崎ファンのKさ ...

韓国では、11月5日が『囲碁の日』になりました。法律で定めた、法定記念日です。画像:韓国棋院 囲碁振興法を発議した曺薰鉉・国会議員――11月5日に、何かいいことがあるのか?  あります。来年から11月5日は、囲碁団体が囲碁大会をしたいと言えば、国や地方自 ...

18才8ヶ月の申眞ソ(シン・ジンソ)九段が、今月、韓国棋士ランキング1位に躍り出ました。先月までの”59ヶ月間”、不動のランキング1位を守ってきた朴廷桓(パッ・チョンファン)九段を下しての交代です。画像:韓国棋院 申眞ソ九段2003年、韓国棋院がランキン ...

囲碁の出稽古、つまり師匠が弟子のいる場所に出向き、指導碁を打つこと。滝沢さんの出稽古があると、榊原さんから聞き取材させて頂きました。東所沢の車窓風景10月下旬、快晴の日曜日。新宿駅から1時間で、JR武蔵野線・東所沢駅。駅から稽古場の公民館・柳瀬公民館まで ...

介助が必要な高齢者、身体障害者、視覚障害者の囲碁大会・福祉囲碁東京大会が、10月29日、渋谷区フレッシュ氷川で開催されました。主催は、NPO法人・日本福祉囲碁協会6部門のトロフィー35回目を迎えるこの大会は、日本福祉囲碁協会がボランティア棋士を派遣する、 ...

↑このページのトップヘ